歌がうまくなるレッスンその2 簡単トレーニング

歌をうまく歌うための簡単トレーニング

 

それは。。。ずばり

鼻歌を歌う!! 😆

 

です。   とても簡単なことなので、「それだけ??  😯 」 と思うかもしれませんが、とても大事なことです。生徒さんでも、ピンとこない方もいらっしゃいます。。。しかし、聴いているほうは違いがはっきりとわかるトレーニングなのです。

 

鼻歌がよい理由

仮声帯のストレッチになる!!

 

声帯はご存知ですか?   seitai 上の図は

のどを輪切りにした声帯の部分です。声帯は、呼吸時は開いていますが、発声時は閉じています。この動きをサポートするための組織を仮声帯と呼んでいます。(ピンク色の部分。)この仮声帯をストレッチし やわらかくすることで、声帯の動きがスムーズになります。

鼻歌を歌うと、この仮声帯がストレッチされるのです。

声帯の動きがスムーズになると。。。

チェストボイス(地声に近い発声)⇔ヘッドボイス(裏声に近い発声)を自由に行き来できるようになります。つまり、音域が広がった感覚になるので歌が歌いやすくなるのです。いつもなら、高いと感じる音域の音でも歌いやすいと感じるようになります。カラオケなどに行って、「声の調子がよいな。」と感じることはありませんか?鼻歌を歌うことによって、その状態をキープすることができるのです。

 

明日から、鼻歌トレーニング!!はじめましょう 😛

これなら、自宅、歩きながら、自転車に乗りながらトレーニングできるので簡単に続けられますよね。

h2_bg

しゃむろっくボーカルスクール//Tel 050-3425-4031//OPEN10:00   Last Lesson19:00~//定休日 日曜・祝日//西東京市、田無駅でボイストレーニング、弾き語り(ピアノ・ギター)、ボーカル教室をお探しの方はしゃむろっくボーカルスクールへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です