特徴 6.声優さん、人前で話す機会が多い方にもお勧めです。

2014.5tanasi

2014.5月 都内某所において当スクールの講師が講演会を行いました。

演題は「発声と聞こえ方、その印象について」です。

発声方法の違いにより、人の感じ方が違い、話している人の印象も変わってくるという話です。

 

講演内容

●「くちを大きく開けて話すと良い」というのはウソ。

ためしに、「ありがとうございます 」と口を大きく開けて言ってみましょう。お分かりのように、いやらしく聞こえてしまいます。日本語は子音が圧倒的に多いというのが理由の一つで、口を大きく開けてしまうと母音の音が強調されてしまいます。母音はただでさえ強い音なのに、それを強調してしまうと「いやらしく」聞こえてしまうのです。同様に歌でも同じことが言えます。

●発声による話の印象の違い

声をどの当たりからだすか、息をどのくらい混ぜるかで「その人の人物像」や「話の印象」が変わってきます。

人に何かを伝えたかったり、遠くの人に呼びかけるようなときは、鎖骨の当たりから適当な息を混ぜて声をだすと、聞き取りやすい周波数帯の音が声の成分の中に増えてきます。声に響きをだすことにより、聞き取りやすくなるのです。この話し方をする方は好印象をもたれやすいので営業や接客にも向いています。

反対に、声を大声にするだけで、響きがない声をだしてまうと、「どなっている」という状態になってしまうので、説得力もなく不快な印象を与える話し方になってしまいます。

 

 

しゃむろっくボーカルスクールには声優さん志望の生徒さんもいらっしゃいます。ボイストレーニングの観点からレッスンするので、声を扱う仕事(司会、講義、演説、声優、舞台俳優、接客など)すべてに通じるものがあります。声の出し方でその人の印象は変わってくるものです。

もし、あなたの話をなかなか聞いてもらえない。せっかく話をしているのに、興味をもってもらえない、などのお悩みがある場合には、あなたの発声方法が間違えているのかもしれません。

しゃむろっくボーカルスクールでは 説得力のある話をしたい!という方のためのレッスンもございます。

 

 

 

 

 

 

 

しゃむろっくボーカルスクール//OPEN10:00   Last Lesson19:00~//定休日 日曜・祝日//西東京市、田無駅でボイストレーニング、弾き語り(ピアノ・ギター)、ボーカル教室をお探しの方はしゃむろっくボーカルスクールへ。西武新宿線田無駅徒歩6分の音楽教室です。

error: Content is protected !!