マイキングのお話

生徒さんの中にはカラオケを楽しんでいらっしゃる方も多いです。

そんな中、「私の声は響かない」や、「ハウリングを起こすくらいマイクレベルを上げてもカラオケに音量負けしてしまう」というお悩みをレッスン中にいただきます。

詳しく状況を伺うと、悩んでいらっしゃる方々はマイクを正しく使えていないようです。

ボーカリストとマイクの関係は、料理人と包丁に同じだと思っていただきたいです。

どんなにいい声が出ていても、マイクに乗せられなければ残念。

どんなにいい食材であっても、包丁使いが下手だったら残念。

と、ここでクイズ!

マイクって何のためにあるの?

続きを読む マイキングのお話